BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

外構工事とは

2021/12/15
外構工事はよく耳にしますよね。
しかし一体、外構工事はどういうものなのでしょうか。
今回は、外構工事についてまとめましたのでご紹介していきます。

▼外構工事とは
建物外装における構造物の工事を「外構工事」といいます。

外構工事の主な工事対象は、以下の構造物となります。
・敷地入り口(門柱、門扉、門扉、表札など)
・敷地まわり(フェンス、塀、生垣など)
・駐車スペース(飛び石、砂利、コンクリート、敷石)
・玄関アプローチ(カーポート、ガレージ、駐車場)

▼外構の種類
外構は主に、オープン外構・クローズ外構・セミクローズ外構の3つに分類されます。

■オープン外構
オープン外構は、フェンスや塀で囲まない外構をいいます。
そのため開放的な雰囲気をつくり出すことができます。
周囲の景観に溶け込むので明るい雰囲気が演出できます。
構造物が少ないので、工事費用を安く抑えることが可能です。

■クローズ外構
クローズ外構は、フェンスや塀などで囲うタイプにものです。
敷地の入り口に門扉が設置されます。
道路からの自然を遮ることができるため、プライベートな空間が守られます。
子供の飛び出しなど安全性を高めることができます。

■セミクローズ外構
セミクローズ外構は、オープン外構とクローズ外構の中間のタイプのものです。
開放感と安全性を両立することができます。
部分によってフェンスや塀などデザインを柔軟に変化させることが可能です。
初期費用を比較的抑えることができ、必要に応じて追加で工事を行うこともできます。

▼まとめ
外構工事を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
はるかぜ株式会社では、自然素材を使用した注文住宅建築を得意としており、熊本の気候・風土に合った設計を行いますので、気軽にお問い合わせください。