BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

地鎮祭の時はどういった服装をすればいい?

2021/08/15
地鎮祭とは家を建てる前に、その土地に住む神様に土地を使用することの許可を得るための儀式の事です。
上棟式を行う家庭は減ってきていますが、地鎮祭を行う家庭は今でも多くいらっしゃいます。
そこで地鎮祭って何をするの?どんな服装で行ったらいい?ということを疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。
ここでは、地鎮祭を行う際の服装についてご紹介したいと思います。

▼地鎮祭の時はどんな服装で行ったらいいの?
家を建てるということは一大イベントの為、「地鎮祭に臨むのが人生で初めて」という方も多くいるでしょう。
その為、地鎮祭にはどういった格好で行ったらいいのか悩む方もいらっしゃるかと思います。
地鎮祭に着ていく服装としては、フォーマルな恰好が望ましいのですが戸建ての場合はあまりこだわらなくても良いでしょう。
その際は派手な服装は避け、平服にしましょう。帽子を被っていると、神主さんに注意されることもあるので注意しましょう。
尚、工事前の現場で足元が悪い場合がありますので、靴はスニーカーなどがよいでしょう。

■当日の流れと所要時間
当日の流れと所要時間は以下の通りです。

①修祓
②降神の儀
③献饌
④斎主一拝
⑤祝詞奏上
⑥四方清祓
⑦地鎮の儀
⑧玉串奉奠
⑨昇神の儀
⑩撤饌
⑪斎主一拝 
⑫斎主退下
⑬直会

所要時間としては、30~40分程度となっています。
準備や片づけを含めても長くて1時間程度です。

▼まとめ
今回は地鎮祭の時の服装についてお話ししました。
熊本で注文住宅のことなら、熊本市にある注文住宅施工会社・はるかぜ株式会社にお任せください。
お客様の意見第一主義をコンセプトに、お客様と十分にヒアリングを行い、温かみがあり長く住み続けることができる住まいづくりを心がけています。
自然素材を使用した注文住宅建築を得意としており、熊本の気候・風土に合った設計を行います。熊本で注文住宅の施工を依頼しようとお考えの方はお気軽にお問い合わせください。