BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

注文住宅の間取りを決めるポイント

2021/04/05
注文住宅は、自分の理想の家を作ることができますが、完成して実際に住んでみると間取りで失敗したと感じてしまう人もいるようです。
今回は、注文住宅の間取りを決めるポイントについてご紹介していきたいと思います。

▼注文住宅の間取りのポイント
■家族の希望を出して話し合う
家族全員が一緒に住む家なので、みんなで気持ちよく過ごしていくためにもそれぞれの意見を出し合って話し合うことが大切です。
家族の間で意見が一致しない時には、何を重視するのか優先順位を決めてみましょう。

■生活動線を考える
生活動線を具体的に考えることはとても重要です。
家事動線、通勤動線、衛生動線、来客動線などを考え、便利で気持ちよく過ごせるような間取りを検討しましょう。

■土地の形、方角、周辺の環境などの情報を把握する
間取りを決める時に、その土地が面している道路が人通りが多い時には、外から見えにくくする間取りにするなどの対策ができます。
土地の方角から、日当たりの良いところにバルコニーなどを設計できたりします。
また、前もってよく使う基本的な住宅用語を調べて知っておくと、自分達のこだわりや要望を伝える時に便利です。

■ゾーニングを決めていく
間取りを用途や機能に分けて決めていくことをゾーニングといいます。
土地の中でどの場所に建物を建てるか、どの場所を庭や駐車場にするのかなどの土地全体のゾーニングを決めていきます。
家の中での人の動きを考えて、各部屋の位置をどうするのか住居のゾーニングを決めていきます。

熊本市にある注文住宅施工会社・はるかぜ株式会社は、お客様との厚い信頼関係を築くことを重視しており、お客様の意見第一主義を
コンセプトとしております。
理想の注文住宅を建てたいとお考えなら、ぜひ一度熊本市のはるかぜ株式会社までご連絡ください。