BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

注文住宅のキッチンの種類について

2021/03/17
毎日の生活に欠かせないキッチン。
注文住宅を建てる際にこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。
今回は、キッチンの種類や特徴を紹介していきます。

▼キッチンのレイアウトの種類
キッチンのレイアウトの種類とそれぞれの特徴を紹介します。

■I型
コンロや作業スペース、シンクまでが一直線になっているキッチンです。
一般的な住宅で使用されているシンプルなレイアウトです。
複数で料理する時は動きにくくなりますが、手元が隠せるので生活感を出しにくくすることができます。

■L型
キッチンをL字型に曲げたようなレイアウトです。
コーナー部分は収納に工夫しなければなりませんが、作業スペースが取りやすいです。

■U型
コの字型のような形のレイアウトです。
作業スペースもとりやすく、料理や配膳、収納といった機能面も確保しやすいです。

■ペニンシュラ型
キッチンの左右どちらかが壁に接しているレイアウトです。
バリエーションが豊富なので、オープンキッチンの中ではお洒落で価格が抑えやすいキッチンです。

■アイランド型
壁に接する部分が無く、島のように独立しているレイアウトです。
開放感があり、家族や友人とのコミュニケーションがとりやすいです。
手元が丸見えなので、生活感を出したくない場合は、常に綺麗にしておく必要があります。

■セパレート型
シンクとコンロを分けたレイアウトです。Ⅱキッチンとも呼ばれています。
複数人での料理もしやすく、作業スペースも広いです。
しかしシンクで野菜などを洗った後、コンロに持って行く際に水滴が落ちてしまうなどのデメリットもあります。

▼まとめ
気になるキッチンは見つかりましたか?
自分のライフスタイルに合うキッチンが分からないという方は、ハウスメーカーに相談してみるのがおすすめです。
熊本県熊本市で注文住宅にお悩みでしたら、是非はるかぜ株式会社にご相談ください。
理想の注文住宅を目指しましょう。